美容整形外科の求人で働く看護師の仕事内容

女性が興味を持っている美容クリニックですが大きく<美容外科>と<美容皮膚科>に区分されます。どちらの科目を取り扱っているかによって仕事の中身も違ってきます。 美容整形のニーズは高まる一方で店舗数も規模も拡大し、同時に医療行為ができる看護師を募集するクリニックも多いです。また、夜勤専門看護師のような深夜シフトもありません。
派遣看護師│転職成功と思える理由は?

ここでは、看護師が美容クリニックで働く場合の仕事内容をご紹介いたしましょう。ちなみに美容整形外科の看護師求人は、以下のサイトが参考になります。

一番目は、美容外科クリニックです。 美容外科は美意識の観点から外見や体への施術を行い、中心は「豊胸」「顔のパーツ形成」「脂肪吸引」などの手術です。 美容看護師は手術のサポート以外にクリニック全体の受付業務を担当します。

具体的な仕事内容は「受付業務」「カウンセリング業務」「手術サポート」「医療器具の滅菌や洗浄」「採血」などになります。 カウンセリングは患者様の悩みを聞いて「どの施術が最も効果的の選択肢」をアドバイスします。 美を追究する美容外科手術をするには施術担当者と患者様の信頼関係が大事で患者様とクリニックを結ぶ窓口である看護師は優れた接遇能力が要求されます。

二番目は、美容皮膚科クリニックの場合です。 美容皮膚科は美容を目的にした皮膚の治療と施術する火傷などの皮膚の損傷の治療もありますが、メインになるのは「ケミカルピーリング」「アンチエイジング」「レーザー脱毛」などです。

看護師は簡単な施術を担当したり施術のサポートや受付業務も担当します。 具体的な仕事内容は「受付業務」「カウンセリング業務」「機械の準備」「レーザー脱毛やタトゥー除去など施術」「注射や点滴」などです。

スキンケアに特化したクリニックでは「看護師がエステティシャン業務を兼務するケース」もあるようです。 業務全体の中で看護業務が締める比率は極めて少なく病院と異なり急変への対応が要求するシーンはほとんどないでしょう。 仕事内容としてはレーザー照射や注射などシンプルな業務が大半です。

以上、看護師が美容クリニックで働く場合の仕事内容をご紹介いたしました。 接遇能力はどこの美容クリニックでも要求されますが、美容外科では特にその傾向が見られます。

未経験の科で働きたい看護師はどうすればいい?

看護師として働いた経験がある方は、得意な科を持っていますよね。 ですが、自分がそれまで経験してきたのとは違う科に興味を持っている、挑戦してみたいという方もいるのではないでしょうか。

そういった場合には、どのように転職活動を行っていけばいいのかについてご紹介します。 転職活動する際には、やはり、それまで経験してきたことのある科を選択した方が転職活動は有利になります。

ですが、未経験の科に積極的に挑戦していきたいという方を応援している病院もあるのです。 そういった求人情報を見つけることができれば、それまで経験してきたことがない科でも受け入れてもらえるでしょう。

ただ、面接対策はしっかりとっておきたいですね。 なぜその科に移動したいと思ったのか、とのような目標を持っているのかということも面接で聞かれるはずなので、しっかり対策を取っておきましょう。

職場を探す際には、できるだけ自宅から近いところを探した方が通勤に関するストレスが少なくて済みます。 ですが、自宅の近くで自分の希望している科がある病院を探すというのは簡単な事ではありません。

条件に合った求人情報を探すためには、転職支援サイトなどを活用して多くの求人情報を集めましょう。

また、面接対策が分からないという場合にも転職支援サイトを活用すると成功率がアップします。 転職支援サイトでは専任のコンサルタントの方がついてくれるため、相談をしながら面接対策を取っていくことができるのです。

それに、どの病院であれば未経験の科を希望したとしても採用されやすいのかといった情報も持っています。 こういった情報は個人だけではなかなか集めることができませんよね。

転職しやすい病院を紹介してもらうこともできるため、効率よく転職活動を行いたいと思っている方も転職支援サイトの力を借りると良いでしょう。 新しい科に挑戦するということになれば、自分の実力で本当にやっていけるのか不安に感じてしまうはずです。

転職支援サイトに相談をすれば自分の実力に見合ったところを探してもらうことも可能なので、チェックしてみてくださいね。

土日祝日が休みの看護師の職場探し

現在の職場の休みに関して不満があり、転職を決意したという方も多いようです。 休みが不定期だったり、予定通りに取れないようだとどうしてもストレスにつながってしまいますよね。

そういった場合には、土日休みの求人などを探してみてはどうでしょうか。 看護師が求められている職場はたくさんあるため、土日祝日の職場を探すことも不可能ではありません。

土日祝日の休みを希望する看護師が増えてきたこともあり、病院側もできるだけ対応しようと動いてくれているようです。

ただ、当然ながらすべてのスタッフが土日祝日に休んでしまうと病院も成り立ちませんよね。 そういったこともあり、土日祝日も働けるスタッフの方が優遇されたり、採用されやすいというのは仕方がないことだと思っておいた方が良いでしょう。

休日について細かい希望を伝える場合には、その他の点ではあまり条件を付けすぎないようにした方が良いです。 あれこれ条件を付けすぎてしまうと面倒な人だと思われ、採用される確率が下がってしまいます。

求人情報探す際におすすめなのが、インターネットの転職支援サイトを活用するということです。 無料で利用できるサービスなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

一般的に公開されている情報の中にも、交渉次第では土日祝日に休みを取れるところがあります。

しかし、どの職場に対して交渉をすればそういった条件を聞いてもらえるのかというのはなかなかわかりません。

転職支援サイトであればそういった事情にも精通しているわけなので、土日祝日に休みを取りやすい求人情報を見つけることができるのです。

また、転職支援サイトに登録している人のみに公開される好条件の非公開求人というものがあるのですが、非公開求人の中にも休みに関してかなり良い条件を定めてくれているものがあります。 非公開求人をチェックするためには転職支援サイトに登録しなければならないので、できるだけ条件の良い職場を探すためにも役立ててみましょう。

このページの先頭へ